小児科医の転職!成功の鍵は医師求人サイト選びです

HOME » 小児科の転職を成功させるなび » 転職を有利にするポイント

転職を有利にするポイント

小児科医の転職と資格との関係について解説。また、転職を機に専門医を目指す方法などを紹介しています。

転職を機に、小児科の専門医を目指すならば・・・

小児科医として活躍されている方で専門医資格に意欲をお持ちの方も多いことでしょう。現在の職場で専門医を目指せる環境が整っている場合はさておき、そうでない方には、専門医資格習得を目指せる病院へ転職するという方法もあります。

医師の世界は医局や学会、出身大学の学閥などによって、さまざまな義理やしがらみが多いのも事実です。さらに地方などでは、専門医を目指す環境自体が整っていないという場合もよく聞かれます。そのような場合でも、あきらめるのは早計です。

医師向けの転職紹介会社の中には専門医になるための研修指定病院や指導施設の検索・紹介といったサービスを実施しているところも存在しています。これを利用しない手はありません。

個人の力や人脈だけでは困難でも、紹介会社に協力を仰ぐことで、道は拓けてくるのです。

専門医指向が高まる、小児科医の転職事情

専門医は正式には「学会認定専門医」といい、その診療科や分野において高度な知識や技量、経験を持つと学会より認定された医師ことです。

内科、外科、産婦人科、眼科、泌尿器科、形成外科などはもとより、小児科においてもこの制度が実施されています。

そしてこれも小児科医に限ったことではありませんが、医師全般の転職において、専門医資格の有無は、今や大きなポイントとなっています。

転職を希望される小児科医の方で専門医資格をお持ちであるならば、転職先探しの際はまず、専門医資格保有を考慮してくれるという医療機関を優先して選ぶべきです。

給与や待遇、勤務条件などにおいて、専門医資格を求めない医療機関とは大きな差が生まれるからです。また、その際は、転職紹介会社を上手く利用しましょう。専門医資格にマッチする転職先を、豊富な選択肢から厳選してくれるはずです。