小児科医の転職!成功の鍵は医師求人サイト選びです

HOME » 小児科の転職を成功させるなび » 転職先の選び方

転職先の選び方

小児科の医師の方々が転職先の病院や医療機関を選ぶにあたり、事前にチェックしておくべきポイントについて述べていきたいと思います。

小児科医師の転職先、選ぶ際のポイントとは?

  • 診療科目

当たり前の話ですが、小児科の診療科目があるかどうかをまずはチェック。その上で、該当する病院が、どのような特色のある医療や治療を実践しているかが重要です。

  • 所属医師の傾向

上記の診療科目と通じますが、その病院や医院には、小児科に関して高い専門性を持つ医師が在籍しているかどうか、特色ある医療・看護を実践しているかチェックしてみてください。

  • 病床数、医師数、看護師数

これらの数字によって、ある程度その病院の忙しさや、患者への対応の丁寧さといったものが推測できます。もちろん病床数に対して極端に医師数、看護師数が少ない場合はあまりオススメできません。

  • 給与・勤務体系・休日

医師はとかく過酷な労働条件を強いられがちです。その職場に所属することで、ご自身が望むライフスタイルをどの程度実現できるか、逆にどの程度プライベートを犠牲にしなければならないかを想定してみてください。

  • 医師・看護師や職員の仕事ぶり、患者の様子

身分を伏せて、実際にその医院やクリニックを訪れてみましょう。忙しさや仕事の充実ぶりを実際に見てみることで、その実情がより正確に判断できるはずです。

  • 交通の便や立地、周辺の環境

最寄り駅からの距離はどのくらいか、路線バスの停留所はあるか、夜勤時の通勤はどうなっているのか、徒歩での通勤は安全かといった事柄も忘れずに確認しておきましょう。

  • 設備や施設

治療に用いる医療設備や機器・器具はどの程度揃っているのかはもちろん、受付や待合室、トイレ、病室などを子細にチェックすることで、その病院の財政状態を判断できます。

以上、転職の際には、最低でも上記の項目について調べておくのが不可欠です。繰り返しになりますが、転職した後に「違った・・・」となるケースは山ほどあります。転職を成功させるには、事前の下調べは大変重要な意味を持っているということを留意しておいてください。