小児科医の転職!成功の鍵は医師求人サイト選びです

HOME » 小児科医の転職に関するQ&A

小児科医の転職に関するQ&A

言うまでもないことですが、小児科医の皆さんに限らず、転職は人生を大きく左右する行動です。事前に知っておくべき情報は多いほどよいと言ってよいでしょう。

そこで、小児科医の転職に関して、よくある質問をQ&A型式で取りまとめてみました。ぜひ参考としてみてください。

転職活動は、どのようにスケジュールを組めばよいでしょうか?

転職活動の開始から実際に転職が完了するまでの日数は、一般的に3~6ヶ月間が目安です。
また、転職先のめどが付いてから職場に退職の意向を伝えることになりますので、お勤め先の退職にかかる日数や職務規定などを確認しておきましょう。

転職時期は、やはり4月に合わせるべきなのでしょうか?

大学医局の人事異動は春先が多く、公的病院も4月から新年度というケースが大多数ですが、近年では着任可能な時期に合わせて交渉することも可能になってきています。

ただし、春先を対象とした募集が多いことも事実です。

紹介会社を利用することでどんなメリットがありますか?

ご自身で直接求人に応募するのに対し、紹介会社を利用するメリットは以下のようなものがあります。

  • 転職先の医療機関や求人内容について詳しい説明がコンサルタントから受けられます。
  • 情報誌や求人サイトなどでは公開されていない求人情報に接することができます。
  • 転職先に聞きづらい事柄なども、コンサルタントに代理でできる限り詳しく確認してもらえます。
  • 多忙な業務に極力影響しないよう、面接や病院見学の日程調整、条件面の折衝などを委任できます。

紹介会社から紹介された求人が合わないと感じた場合は?

「せっかく紹介してもらったのに断るのは・・・」といった気遣いは不要です。あくまでご自身の意に沿った求人とのマッチングが重要です。優良な紹介会社であれば、より条件などを吟味した求人を紹介してもらえます。

面接では、どのような点に注意すべきでしょうか?

例えば「人間関係が上手くいっていない」「労働環境がキツイ」など、転職の動機として後ろ向きの理由は挙げない方が賢明です。

「これまではできなかったこういう診療がしたい」など、紹介先の医療機関の特性に合わせた前向きな転職理由を事前に考えておくべきです。

面接を終えた後は、どのように対応すべきでしょうか?

紹介会社を利用する場合、コンサルタントが面接後のやりとりに関しても間に入ってくれます。例えば「時間をかけて検討したい」場合には、その旨をコンサルタントに伝えれば、先方との連絡を請け負ってもらえます。